フォトギャラリー

かながわ50景を巡る「小倉橋周辺(相模原市)」

(HP掲載日:2020.7.3)

2つの橋の対比は新たな美を生む

 ゆるやかに水が流れる相模川。アユ釣りの人たちが小舟に乗ったり、腰まで水につかったりして糸をたれています。小倉橋の上流にはざっと15人、下流にも10人を超える太公望が見えます。

 相模川に架かる橋の中では最も古い道路橋で、「かながわ橋100選」、「相模川八景」に選ばれ、2008年には「(社)土木学会選奨土木遺産」にも認定されました。

 河原から眺めると、4本の橋脚は半円型に弧を描き、周りの自然と溶け合っています。04年には新小倉橋が完成し、新旧2つの橋の対比は新たな景勝地になりました。