フォトギャラリー

かながわ点描「富士山・ 松田山ハーブガーデンから(松田町西平畑公園)」

(HP掲載日:2018.1.10)

2433-1

松田山ハーブガーデンに立つと、酒匂川と足柄平野が目の前だ。
 富士山の左肩に宝永山がある。今はのどかに見えるが…
 江戸時代初期にマグニチュード8.7の宝永大地震(1707年)があった。
 その少し後、富士山の南東斜面から大噴火が始まった。噴火は16日で終わったが、大量の火山礫(れき)、火山灰を噴出して、宝永山が出来た。
 この火山灰の被害はすさまじい。小田原藩十万石の領地の6割が火山灰で埋まった。
 幕府は関東郡代伊奈忠順(ただのぶ)を派遣、災害復旧にあたった。須走辺りは3mも火山灰に埋まった。
 その辺りの住民を砂除け作業に採用し、復興をはかった。二宮尊徳が活躍したのも、この頃。
 じっと眺めていると、鍬(くわ)をふるい、もっこを担いだ江戸時代の人々の姿がまぶたに浮かんだ。

フォトギャラリーの最新記事